エレベーターに乗ろうとしたときに満員の時があります。ドアが開いた瞬間、「誰か降りなさいよ…」というような空気が流れます。別に、次を待ちますので、気を使わないでくださいね。

 中には車椅子には乗らなくても歩くのが困難とか、見た目には分からない障害をお持ちの方も多くいらっしゃいますので、自分がエレベーターの中に乗っているにもかかわらず、「この人、車椅子の人を差し置いて乗ってくるなんて…」という視線を送るのはやめてくださいね。