まずは、事務所の方々、会場の方々、アーティストの方々にお礼を申し上げます。いつも見やすいように同じ目線になってみてくれたり、1人の時は飲み物を飲ませてくださったり、買い物を手伝ってくださったり、お陰様で思いっきり楽しめています。

 会場の関係で見づらいときもありますが、車椅子なので最前列の真ん中で見せろとは思わないです。が、本当に何も見えないときは言いますので、チョットくらいは見えるところに宜しくお願いいたします。

 それから、会場で声をかけている皆さん、介助してくれる皆さん、ありがとうございます。声をかけていただけると嬉しいので、宜しくお願いいたしますね。

 ベイNKホールへ行くときにディズニーランドの前で、車椅子に付いているリュックがプーさんでないとお母さんに聞いてお母さんを困らせていたチビッコの君! あの絵はプーさんではなくて、メタリカと言うのだよ。プーさんはハチミツを垂らしいてるけれど、ディズニーのパレードよりも楽しいかも知れないですよ!

 フロントローの席を確保できて突然キャミソールになるアナタ。アナタを見ているのではなく、アナタの後ろのステージセットを見ているので、「私に釘付けね!」という自信満々の視線は送らないでください。キャミソールを脱いで下着だけになっていたにもかかわらず、直視しないでごめんなさい。

 ズバリ! アナタは力不足でした…。